Articles

離婚と再婚のための聖体拝領?

離婚と再婚のための聖体拝領?

ホルヘ-A-メディナ-エステベス
神の礼拝と秘跡の規律のための会衆の名誉知事

聖体拝領の秘跡に関する

すべての司祭、特に苦行の秘跡の管理に多くの時間を費やす人は、離婚して別の組合と契約した人が聖体拝領の秘跡を受け取ることができないことがどれほど苦痛であるかを認識している。

これは関係者にとって苦痛であり、その家族にとって苦痛であり、祭司にとって苦痛である。 この禁止は教会側の実用的な決定に過ぎず、特定のケースや状況では改訂され、取り消されたり、少なくとも緩和されたりすることができるという印象が高まっています。

しかし、この問題は、カトリック教会のカテキズムの両方から明確であるように、教義的な性質のものである(cf. nn. 1649年、1650年、1651年)とカテキズムの大要(cf. n.349),忠実にイエス-キリストの福音の教えを提示します(cf. 年10月11日-)は、日本の男性声優。).

配偶者と有効な結婚から離婚し、他の人と同居している人は、重大な罪、つまり正確には姦通の罪の状態にあります。 つまり、トレント評議会によると、”罪から背を向ける目的とともに、犯された罪に対する魂の悲しみまたは否認”(DS1676)です。

自分の重大な罪に対するそのような悲しみがなければ、有効な聖餐の赦免を受けることはできず、その結果、聖体拝領を適切に受けることはできません。 “それゆえ、このパンを食べ、主の聖杯を価値のない方法で飲む者は、主の体と血を汚すことで罪を犯すでしょう。 男は自分自身を調べてみましょう,そのように聖杯のパンと飲み物を食べます. 体を見分けることなく食べたり飲んだりする人は、自分自身に裁きを食べたり飲んだりする”(コリント第一11:27-29)。

聖体拝領

聖体拝領は、キリストのいけにえのささげ物の分かち合いです。 それを通して、コミュニカントは神のために生き、彼の意志を果たすことを公言し、彼の愛には何も反対しません。 これらの条件のいずれも、重大な罪の状態に住んでいる人の場合、特にそれが習慣的な罪の状態である場合には検証されません。

教会が重大な罪の状態にある人々が聖体拝領を受けることを禁止しているだけではありません。 むしろ、重大な罪の状態にある人たちは、自分の人生をキリストのものに統一されたいけにえのささげ物にするという最も深い意味で、自分自身を異

忠実な者が罪に対する真の悲しみの道を進むのを助けるのではなく、本当に罪を後悔していない人々の良心を”和らげる”こと、または誤った保証をする

聖餐の赦免は魔法のような兆候ではありません。 むしろ、それは正当に神の許しを得るために必要な条件を形成する悔悟者の側の他の誠実な行為を意味する行為です。 姦淫は、キリストの教会に対する愛の謎を侮辱するものであることを忘れてはなりません。 彼は十字架上での彼の死に忠実である配偶者の愛です。 この謎は結婚の秘跡に表されています。

離婚と再結婚のための正しい牧歌的なケア

これらの人々のために、絶望だけが残っていますか? 確かにない!

これらの人々は神の子供のままである。 キリストは彼らのために御自分の血を流されました。 彼らは謙虚で悲しい祈りの道に従うことを禁じられていません。 彼らは、彼らがキリスト教の生活の道に立ち上げられていることを保証し、彼らの子供たちに向けて彼らの宗教的、物質的な義務を果たす義務があ 彼らは聖書を読むことができ、読むべきです。 彼らは完全に自分自身を提供することができないので、重い心を持っていても、聖なるミサに出席することは禁じられていません。 彼らは常に助言のために司祭に近づくことができ、まだ完了していなくても、主が和解の始まりと見なす謙虚さの行為で彼に良心を開くことができ

しかし、彼らは教会や他の忠実なメンバーが彼らの組合を合法的で神の御心に一致するものとみなすことを要求することはできません。

教会が最初の結婚の妥当性を調べることができ、それが無効と宣言できる場合、実際には最初の真の結婚である第二の組合を回復させることが可

このような苦しい状況に陥っている人たちは、神の恵みをもって、同じ屋根の下でも、非夫婦の組合で兄弟的に生きることができる場合もあります。 これらの条件では、彼らは和解の聖餐を受けることができ、その後聖餐の聖餐を受けることができます。

これは自然に英雄的で寛大で充実した決定です。 神は石さえもアブラハムの子供たちに変えることができるからです。 マタ3:9;Lk3:8)。 罪人が回心するとき、そして大きな犠牲によって神を賛美する準備ができている二人にとっては、天国には常に大きな喜びがあります。

神の国は暴力に苦しんでいる。 Mt11:12),しかし、それは平和をもたらす暴力です. 信仰は理解するために必要であり、目に見えないままのものは見られるものよりも重要であるという確信もある。 ヘブ11:1-3)。

引用元:
L’Osservatore Romano
英語版の週刊版
2006年5月3日、10ページ

L’Osservatore Romanoは聖なる会の新聞です。
英語の週刊版は米国向けに出版されています:

大聖堂財団
L’Osservatore Romano英語版
320Cathedral St.
Baltimore,MD21201
購読:(410)547-5315
Fax:(410)332-1069
[email protected]