Articles

細胞性心筋形成術:心不全の新たな希望? /心臓

心不全患者の管理の最近の進歩にもかかわらず、心臓ドナーの不足のために、疾患の発生率と有病率は、私たちの国では特に高いままです。 最近の疫学データでは、100万人あたり重度の心不全を有する225人の患者の発生率が示されており、死亡率は年間35%である。1これはまたcardiomyoplasty技術と呼ばれる生物的援助の新しい方法の開発を、励ましました。 これらの最初は刺激される不十分な中心のまわりで包まれるlatissimusの背筋を使用する動的cardiomyoplastyですが、このプロシージャは矛盾した、適当な客観的なhaemodynamic効果を作 もう一つの技術は収縮の細胞への非myogenicの変形に基づいている分子cardiomyoplastyであるか、または心筋細胞が細胞周期を再入力するように誘導する試み;今のところこれは手の届かないところに残る。 第三の技術は、損傷した左心室の収縮機能の損失の任意の結果を制限するために心筋内の筋原性細胞移植を含む細胞心筋形成術である。2

体細胞移植

不足している臓器の機能を供給するための体細胞の移植は、骨髄に対して何十年も成功しており、最近では骨格筋(Duchenneジストロフィー)、肝臓(移植への橋2parkinsonian患者の脳内に胎児の脳組織を移植することができ、ドーパミン分泌を増加させ、症状を減少させることが示されている。 脳細胞と同様に、成人の心室筋細胞は最終的に分化し、新生児年齢から細胞分裂の可能性はないため、傷害(梗塞)後、修復は瘢痕形成からなる…